週休3日制の利点と問題点について英語で討論する – Pros and cons of four-day workweek

 当記事では、「週休3日制の利点と問題点」について英語で意見を述べるときに使えるサンプルセンテンスをご紹介しています。「週休3日制」は英語では”four-day workweek”と記述します。Workweekには「平日・就労日」といった意味があり、「4日就労日」という意味合いになります。日本では欧米より遅れていますが、大企業では「選択制週休3日制」が導入されはじめています。当記事では日本に住む英語学習者が考えそうな内容を英語便メンバーより提示いただき、ネイティブ講師がサンプルセンテンスを書き下ろしています。

週休3日制の利点 – Pros of four-day workweek

 まずはじめに、週休3日制の利点について述べるサンプルをご紹介させていただきます。

1. Motivation

A four-day workweek can lead to happier and more committed and productive employees. Employees are less likely to be stressed or take sick leave as they have plenty of time to rest and recover. As a result, they return to work feeling ready to take on new challenges.

1. モチベーションの向上

週休3日制は、従業員の幸福度を高め、より献身的で生産的に働くことにつながる可能性があります。休息と回復のための時間が十分にあるので、ストレスを感じたり病気休暇を取ったりする可能性が低くなり、その結果、従業員は、新たな課題に取り組む準備ができている状態で職場に戻ってきます。

2. Cost savings

A Henley Business School poll of business leaders asked whether the four-day workweek was cost-effective. More than half, 51%, reported cost savings. These include lower facilities and utilities costs. Almost two-thirds report improved productivity.

2. コスト削減

ヘンリー・ビジネス・スクールは、ビジネスリーダーを対象に世論調査を行い、週休3日制は費用対効果が高いかどうかを尋ねたところ、半数以上の51%がコスト削減効果があると回答しました。これには、設備費や光熱費の削減が含まれます。また、回答者のほぼ3分の2が生産性の向上が見られたと答えています。

3. Less downtime

In the same poll business leaders reported that 62% fewer sick days were being used. When employees have that extra day off during traditional business hours, they’re better able to schedule personal necessities.

3. ダウンタイムの減少

同上の世論調査で、ビジネスリーダーが62%の病欠日数の減少を報告しています。追加で一日、従来の営業時間帯に休日を取れると、個人的な用事の予定を組みやすくなります。

4. Increased productivity

In 2019, Microsoft Japan found that moving to a four-day workweek increased productivity by 40%. They also saved more than 20% on electricity costs over the previous year. They also reduced the number of pages printed by almost 60%.

4. 生産性の向上

2019年には、日本マイクロソフトが週休3日制に移行することで生産性が40%向上する結果となりました。また、前年比で電気代が20%以上、印刷枚数も60%近く削減しました。

5. Attracting talent

According to ZipRecruiter, job postings listing a four-day workweek have tripled in the last five years. Post-pandemic hiring challenges could make that trend increase. As the competition for talent surges, top job seekers are looking for the best possible opportunity. A compressed or shortened workweek might fit the bill.

5. 有能な人材のリクルート

ジップリクルーター社によると、週4日勤務の求人情報は過去5年間で3倍に増えています。パンデミック後の雇用難の状況下では、この傾向はさらに強まる可能性があります。人材獲得競争が激化する中、優秀な求職者は最も有利な条件を探しています。1日あたりの就業時間を長くして勤務日数を減らす働き方は、彼らが就職先に求めている条件と一致するかもしれません。

6. Retention

The key to retaining employees is avoiding burnout and focusing on wellness. A 2020 Gallup poll of over 10,000 workers found the lowest level of job burnout in employees who worked a four-day week.

6. 人材の確保

従業員を定着させる鍵は、燃え尽き症候群(バーンアウト)を防ぎ、従業員の健康維持・増進を重視することです。ギャラップ社が2020年に1万人以上の労働者を対象に行った調査では、仕事によるバーンアウトの程度は、週4日勤務の従業員が最も低いという結果になっています。

7. Environmental benefits

If you want to lower your company’s carbon footprint, keeping employees off the road and keeping the lights off 20% of the time can be a big help. In addition to reducing energy use for employees commuting to the workplace, keeping them off the road reduces emissions into the atmosphere.

7. 環境面でのメリット

週5日勤務の20%にあたる1日間、従業員を休ませ、照明も使わないことは、会社の二酸化炭素排出量を減らすことに大きく貢献する可能性があります。通勤のためのエネルギー使用量を減らすだけでなく、車通勤による大気中への二酸化炭素排出量も減らすからです。

週休3日制の問題点 – Cons of four-day workweek

 次に、週休3日制の問題点について述べるサンプルをご紹介させていただきます。

1. Coverage

Many business leaders worry there won’t be adequate coverage for customers and coworkers. This can be a challenge to overcome. For some organizations, half of the four-day workforce takes off on Mondays, while the other half takes off on Friday – providing coverage for clients.

1. 顧客や社内対応力の低下

多くのビジネスリーダーは、顧客や同僚に十分な対応ができないのではないかと心配しています。これは克服すべき課題です。週4日勤務の従業員の半数が月曜日に、残りの半数が金曜日に休暇を取り、顧客へのサービスをカバーしている企業も存在します。

2. Scheduling

In addition to managing client/customer needs, internal scheduling may cause problems. Planned meetings can be scheduled within the workweek, but impromptu or emergency meetings may be challenging. Brainstorming sessions may see limited input, particularly if employees who are off are inaccessible. Even with today’s technology such as Zoom, an employee does not want their off day disturbed. How often these occur within an organization may dictate the feasibility of a four-day workweek.

2. スケジュール調整

クライアントや顧客のニーズを管理するだけでなく、社内のスケジュール管理も問題になるかもしれません。勤務日に計画されている会議は予定に入れることが可能ですが、突発的な会議や緊急の会議などは困難な場合があります。ブレインストーミングのセッションでは、特に休んでいる従業員に連絡ができない場合、得られる情報が限られる可能性があります。Zoomのような今日のテクノロジーをもってしても、従業員は休日を邪魔されたくないと思います。週4日勤務の実現の可能性はこれらの頻度によって決定されるかもしれません。

3. Affects Productivity

While some organizations have seen productivity rise, your actual results may vary. It may depend on the commitment and maturity level of the team. Established workers, who know you can return to five-day weeks if it doesn’t work out, may push to maintain or increase productivity levels. Others may not see it that way. There also may not be a one-size-fits all solution.

3. 生産性への影響

生産性の向上が見られた企業もありますが、実際の結果は様々です。それはチームの取り組み姿勢や成熟度によるかもしれません。うまくいかなければ週休2日制に戻すことができると分かっている常勤の従業員は、生産性のレベルを維持または向上させるために努力するでしょう。しかし、それを分かっていない従業員もいます。すべてを上手くいかせる方法はないのかもしれません。

4. Compression may cost money

Salaried workers on compressed time – four-days at 10 hours per day – should be expected to perform and produce at the same level as their traditional schedule. However, hourly workers who work this schedule may put your organization at risk of overtime pay if there’s a need for them to come in on their typical day off.

4. 圧縮勤務によるコスト増加の可能性

1日10時間×4日という圧縮された時間で働くサラリーマンは、従来と同レベルの仕事ぶりと生産量が求められます。しかし、このような勤務体制で働く時間給労働者が通常の休日に出勤する必要がある場合、会社は時間外手当を支払うリスクを負うかもしれません。

5. Added stress

Everyone loves a three-day weekend. This is typically how businesses structure a four-day week (Monday or Friday off). Holding on to that benefit may mean additional stress during “on”days to ensure you don’t lose your “off” day.

5. ストレスの増加

誰もが週末に3日間休みたいと思います。これが、ビジネスがどのように週4日勤務制を構成するかということです。(月曜日か金曜日が休み) その恩恵に預かるということは、「オフ」の日をなくさないために「オン」の日にさらなるストレスを抱えるということかもしれません。

6. More work for others

A four-day workweek can add tasks or assignments. Managers might spend more time scheduling meetings, client contacts, and group tasks when some staff members are not on the clock. They’ll need to keep a closer eye on: overtime, project management and performance to assure that the four-day workweek program is not costing more than it’s worth. Not all work environments lend themselves to a compressed workweek, especially one which has a variety of job categories which are dependent upon each other or interrelated.

6. 出勤時の仕事の増加

週休3日制においては、任務や割り当てが増える可能性があります。一部の職員が非番の時ほど、マネージャーは、会議、顧客とのコンタクト、グループ任務のスケジュール調整により多くの時間を費やすことになるかもしれません。また、残業時間、プロジェクト管理、業績などに細心の注意を払い、週4日勤務にその価値以上のコストがかかっていないかを確認する必要があります。すべての職場環境が週4日勤務に適しているわけではありません。特に、さまざまな職種が互いに依存し合い、相互に関連しているような職場には適さないでしょう。

 以上、「週休3日制の利点と問題点」について英語で意見を述べるときに使えるサンプルセンテンスをご紹介しました。上記を参考に、ぜひ自分の意見で発信してみてください。

コメントの入力は終了しました。