ByとUntilの使い分け – 実践で学ぶ英文法

英文法・語法

 当記事では、ByとUntilの意味の違いを頭で分かっていても実際に英文を書くシーンで迷ってしまうという学習者の方向けに、クイズで確認しながら使い分けを説明しています。

Byは 期限・締切の「~まで」Untilは継続する「まで、までには」

 まずはじめに、両者の意味の違いを確認しておきましょう。By ~ は、締切、期限などを指定して 「~までに」という意味になります。一方、Until ~ は、指定された日まで継続する「~まで」という意味になります。

 まず以下のクイズをやってみてください。似たような意味ですがA, B どちらかがby, どちらかにuntilが入ります。

クイズ1

(1) Students must submit their essays ( A ) Friday.
(2) Students can submit their essays any day ( B ) Friday.

答えは以下のとおりです。
A – by / B – until

(1) Students must submit their essays by Friday.
学生は金曜日までにエッセイを提出しなければなりません。

(2) Students can submit their essays any day until Friday.
学生は金曜までのいずれかの日にエッセイを提出できます。

(1)の文では締切を表しているのでbyが使うのが適切です。一方、(2)の文では(通知された日から金曜までのいずれかの日)という継続性があるため、untilを使うのが適切です。

Byの利用シーン

 「~までに~する必要がある」という意味でmust, need, have to などの助動詞が使われているときにはbyが使われます。また助動詞を伴わないときでも必要性、期日にフォーカスを置く文では通常byを使います。

(例)I need to finish my work by Monday.
仕事を月曜日までに終わらせなければならない。

Untilの利用シーン
  
 Untilは以下のようにfromと組み合わせてもよく使われますが、fromが明示されていない場合でも、「現在から〇時までの間」、「〇日までのいずれかの日」というニュアンスがある文章では、通常untilを使います。

I will work on my TOEFL essay from 9:00 until 11:00.
9時から11時まで、TOEFLエッセイに取り組みます。

復習クイズ

 では復習をかねて、以下のクイズにトライしてみてください。

以下の(A) (B)それぞれには by untilどちらかが入ります。

クイズ2

(1) I can’t leave ( A ) 6 pm.

(2) I must leave ( B ) 6 pm.

クイズ2の答え
A – until / B – by

(1) I can’t leave until 6 pm.
6時まで(ここをから)離れることができません。
(現在から6時までここに居なければならないという継続性があるためuntil)

(2) I must leave by 6 pm.
6時までに去らなければなりません。 
(mustを使い期限にフォーカスしているのでby)

クイズ3

(1) Can you call me back ( A ) Friday?

(2) You can call me back anytime ( B ) Friday.

クイズ3の答え
A – by / B – until

(1) Can you call me back by Friday?
金曜日までに折り返しの電話をいただけますか?
(期限にフォーカスしているのでby)

(2) You can call me back anytime until Friday.
金曜日までであればいつでもお電話いただいて大丈夫です。
(明日までの継続性に言及しているのでuntil)

 上記のanytime until Friday 「金曜日までの間に」という表記が読み手に分かりづらいという場面では、untilではなく、beforeを使って、before Friday「金曜の前までに」と記載すると期日をより明確に示すことができます。

  by とuntilの使い分けについて説明させていただきました。細かい部分なのですが、極めて行くことで、あなたの英語がどんどんnative sound に近づいていくと思います。 Until we meet again, good luck!!

コメントの入力は終了しました。