Epidemic vs Pandemic vs Endemic – 混乱やすい英単語の使い分け

英文法・語法

 今回は、混乱しやすい3つの単語(Epidemic、Pandemic、Endemicの意味と使い分けを説明します。

 まず、前提として3つの単語の共通部”dem”の語源はギリシャ語であり、「”people”=人々」という意味を持ちます。そして接頭語はそれぞれ”epi”=among、”pan”=all、”en”=in を意味しています。長くて意味が難しい単語ですが、はじめにこれを抑えておくことで、3つの単語の意味合いが分かりやすくなると思います。
ではそれぞれの意味を見てみましょう。

当記事掲載の例文やニュース記事は2020年2月20日時点のニュースソースより作成しております。状況や数値は必要に応じて置き換えて使ってください。

Epidemic – 一定期間に一定人口に発生する病気

 Epidemicは、形容詞では、「流行性の、伝染性の」という意味を持ち、名詞では「(病気などの)流行・はやり」という意味になります。ある一定期間に一定人口に期待値より大きい割合で発生する病気のことです。

(英語の説明)

epi (among) = epidemic: for a disease that has spread among a certain group or people or a certain area, but hasn’t reached all people or all areas.

(例文)
In Texas, the expected rate of infection for seasonal flu is 2% of the population. However, 10% of the population are infected. This is an epidemic because it is in a set area and has a higher than expected infection rate.

テキサスでは、予測される季節性インフルエンザの感染率は人口の2%です。しかしながら、10%の感染があります。これは、一定の地域で予想された割合より多く感染しているためepidemic (流行り)と言えます。

Pandemic – 国全体、全世界へ広がっている病気

 Pandemicは、形容詞では「全国的に広がる、汎流行の」という意味で、名詞では「全国・世界的な流行病」という意味になります。Epidemicが国全体や全世界という広範囲に広がるとPandemicになります。また発生率もEpidemicに比べ相当高くなります。

(英語の説明)

pan (all) = pandemic: for a disease that has reached all areas or all peoples.

(例文)
If a new type of flu infected 12% of the population of Texas, then spread to the rest of the United States, and then multiple cases appeared in other countries, this would be a pandemic, as it is spread over a large geographical area.

もし、テキサスで新型インフルエンザに人口の12%が感染し、そしてアメリカ全土へ拡散し、その後他の国でも症状が現れる場合、地理的に大きく広がっているためpandemic(世界的な流行病)になる可能性があります。

Endemic – 地方特有の風土病

 Endemicは、形容詞では、「地方特有の、風土性の」という意味を持ち、名詞では「地方病,風土病」という意味になります。「地方特有の、風土性の」という意味より、病気以外のコンテキストでもよく使われますが、「風土病」という意味で使われる場合は、ある地域で一定期間に一定の集団に期待値より大きい割合で発生する病気を意味します。

(英語の説明)

en (in) = endemic: for something that is known or occurs only in a certain area or people.

(例文)※ endemicが「病気」の意味を持つときは、以下のように形容詞で使う方がより一般的です。

Dengue is an endemic disease in southeast.

デング熱は、南東で見られる風土病です。

While malaria is rarely seen in the United States, it is endemic to several tropical countries.

マラリアはアメリカではあまり見られませんが熱帯の国々ではendemic(風土病)です。

EpidemicとPandemicの違い

 以下、実際のニュース記事よりそれぞれの語がどう使われているかを見てみましょう。まずはじめは、EpidemicとPandemicです。

記事1 – CNBC (www.cnbc.com)より一部引用

The COVID-19 epidemic in China has not yet met world health officials’ designation of a global pandemic that spreads far and wide throughout the world. While it has spread to more than two dozen countries, international health officials say there’s very little transmission on local levels outside of China right now.

 新型コロナウイルス感染症 (The COVID-19)の中国での流行は、まだ世界流行としてWHOの正式指定にはなっていません。24以上の国に広がる中、WHOは中国以外の国では非常に限られた広がりであると言っています。 

[解説] 2020年2月の時点では、The COVID-19のthe current epidemic in Chinaは、まだpandemicと指定されていません。世界的な問題でありながら、pandemicと呼ぶにはまだ広域に、また高速度では広がっていないという認識です。そしてこのケースでendemicは使えません。なぜならば、限られた地域で発生しているものではないからです。

EpidemicとEndemicの違い

記事2 – The Verge (www.theverge.com)より一部引用

Public health experts still don’t know how dangerous the new coronavirus can be, and their response is elevated because of that uncertainty. In addition, because the virus is new, there’s still an opportunity to stop it from spreading through the population. That’s what happened with SARS, which was contained in 2004. Overall, endemic diseases — even though they seem less scary and come with less uncertainty — cause more illness and death than epidemic outbreaks like SARS.

 保険・衛生のエキスパートたちは、まだ新型コロナウイルスがどのくらい危険であるのか分かっていません。不確かな性質から、反応が大きくなっています。ウイルスが新型であるために、大勢への拡散が防げる可能性もあります。2004年に収束されたSARSの状況です。一般的にendemic diseases (風土病) は恐怖や不安はSARSのようなepidemic(流行)より少ないですが、より多くの重病や死をもたらします。

[解説] 当記事では、新型コロナウイルスの広がりへの人々の反応に加え、endemic(風土病)はすでに調査がなされているため、人々の恐怖や不安はepidemic(流行り)より少ないが、病気の深刻さや死者数は実際にはより高いということを述べています。

病気以外でのendemicの用法

 Endemicは、形容詞で「原産の、固有の」という意味で病気以外の記事でもよく登場します。

記事3 – Mexco News Daily (www.mexiconewsdaily.com)より一部引用

The axolotl, a species of salamander endemic to Mexico City’s Lake Xochimilco, may be endangered but it recently got some news that could give it something to smile about. The Bank of México (Banxico) announced that the amphibian will grace the new series of 50-peso notes to be put into circulation in 2022.

 メキシコシティーのソルチミルコ湖原産のサンショウウオ種、アホロートル(メキシコサラマンダー・ウーパールーパー)は絶滅するかもしれません。しかし、最近いいニュースもあります。メキシコ中央銀行は 2022年から流通する、この両生類が新50ペソ札に登場する予定であることを発表しています。

メキシコ新札  [解説] 当記事ではendemicは「原産」を意味しています。左の写真は記事に登場するメキシコサラマンダー=ウーパールーパーが入った新札のイメージです。

 以上、Epidemic vs Pandemic vs Endemicの違いを説明しました。We hope this helps and we look forward to seeing you use these words in your future writing!

コメントの入力は終了しました。