英文メール – 仕事の進捗を尋ねる(社内・社外で使える例文集)

 当記事では、ビジネスメールで使える仕事の進捗を尋ねる例文をご紹介させていただきます。社内で自分の部下や同僚に対しての進捗確認と、社外(または会社の上司や上層部)に対しての進捗確認は言葉の丁寧さが異なってきます。このため、以下、社内向けと社外向けに分けて説明しています。下線文字の部分はそれぞれの利用シーンに併せて置き換えてください。

同僚や部下、チームメンバーへの進捗確認

 まずはじめは、自分が上司または責任者の立場で、スタッフや同僚に「あれはどうなっていますか?」と尋ねる比較的カジュアルな例文です。

How are things going with the project?
プロジェクトはどんな調子ですか?

※ 具体的な内容ではなく、「上手くいっていますか?」とカジュアルに尋ねる言い方です

I’d like for you to update me on this issue.
この件について、最新情報を私に伝えてください。

※ on~ 以下の内容の進捗を要求しています。プロジェクト全体や、細かいタスクにまで適用できます。

With regard to the project, what developments have occurred recently?
そのプロジェクトについて最近どんな進展がありましたか?

※ プロジェクトが進行していることは理解しているが、内部状況がよく分かっていないようなときに使われます。

As per our agreement at the start of this project, updates would be provided every four weeks, so please report back to me on progress with the research.
プロジェクトの開始時の合意により、進捗は4週間単位になされるはずです。研究の進捗を報告してください。

※ ~について、~を報告してください という強い要求です。As per ~ は「~により」、「~のとおり」という意味で、ここは事前の取り決め、約束などを記載します。

社外、または目上の人への進捗確認

 社外の人や、上司へ進捗を尋ねる、比較的フォーマルな言い方です。

Would it be possible to get an update on the status of the hiring?
雇用状況について進捗を伺ってよろしいですか?

※ Would it be possibleを使うことで、要求ではなく丁寧に尋ねるトーンになっています。

When you have time, I would appreciate more information on the progress of the task.
時間のあるときに、タスクの進捗についてもう少し情報をいただけると助かります。

※ When you have time, I would appreciate ~で忙しい相手に考慮していることが伝わります。

In order for me to finish the contract, an update on your research in progress would be very useful.
私が契約を締結させるために、あなたの調査進捗を伝えていただけると大変助かります。

※ 進捗を求めている理由を示すことで、説得力のあるお願いになっています。

As I am working on the leaflet, could you tell me the photo shooting schedule?
現在、パンフレットに取り掛かっているのですが、写真撮影のスケジュールを教えていただけますか?

※ やや直接的な言い方ですが、すでに仕事を進行している相手であれば理由を示すことで、失礼にならずスケジュールや進捗を聞き出すことができます。

 以上、進捗を尋ねるサンプルをご紹介させていただきました。重要なことは、相手と自分の距離間を抑え、また相手のスケジュールや忙しさを理解したうえで、適切なセンテンスを選ぶことです。いろいろな場面で活用してください。Good luck with your English use in business!