「元号」「平成最後の」は英語で何という? – 英訳が難しいビジネス英語表現

デイビッドセインさん 辞書を引いて英訳した単語が、海外では異なって解釈されていることがよくあります。当シリーズでは英語、日本語両方を熟知し、多数の英語書籍を出版しているデイビッド・セインさんが言葉の意味や用法、また文化背景について解説します。

第19回は「元号」「平成最後の」の英語表現を解説します。

 最近とかくテレビや新聞、雑誌で見聞きするのが「平成最後の…」という表現です。「平成最後のドラフト」「平成最後の夏」「平成最後の誕生日」…と、毎日が平成最後の記念日になっている観があります。
 これまで元号が変わるのは「突然」だったため、このような事前の心構えができなかったせいもあるでしょう。そもそも天皇陛下が前もって退位される年月日を発表するのも、これが初めてのことです。初めて尽くしに立ち会える喜びで、国全体が舞い上がっているように感じるのは、私が外国人だからでしょうか?

「元号」をどう英語で説明するか?

 そもそも元号は、日本独自のものです。世界的には、キリスト生誕の年を元年として数える西暦が、年代の数え方の共通単位となっています。
 辞書では元号をan era name やthe name given to the period of an emperor’s reign などと英訳していますが、日本文化を知らない外国人にこう説明しても、まず理解できません。少し説明調に

In Japan, we use the year in the Western (Gregorian) calendar, but we also give eras names based on the reign of the emperors. The current era is called “Heisei,” but it will change when we get a new emperor.

日本では西暦の他に、天皇の治世に基づく年代の数え方[元号]も用います。現在の元号は「平成」といいますが、次の天皇をお迎えする時には変わります。

…などと言えば、「天皇陛下が変わる際に元号も変わる」ことが理解してもらえます。

「平成最後の…」はどう英訳する?

 「平成」という元号は、名称ですからそのままHeiseiでOKです。
あとは「…最後の…」にあたる表現として、

at the end of the Heisei Period  
in the final days of the Heisei Period 
as the Heisei Period comes to an end 

などの言葉をつなげればいいでしょう。

 西暦ではmillennium(千年紀)を節目とするため、1999年にはこのような表現が世界中で使われました。1000年に一度ですから大騒ぎするのは当たり前ですが、日本は西暦だけでなく元号の移り変わりにも対応しなくてはいけないので大変です。

では、英訳に挑戦してみましょう。
「次のサッカーの試合が、平成最後の天皇杯となる」を英語にするとどうなるでしょうか?
「平成最後の」と「天皇杯」をどう訳すかが鍵となります。私なら、次のように表現します。

This will be the last Emperor’s Cup of the Heisei Period.  

The next Emperor’s Cup will be the last of the Heisei Period. 

 「これが平成最後の…だ」と表現する時は、基本的にすべてThis will be the last … of the Heisei Period.に当てはめれば大丈夫です。
「次の…が平成最後だ」と言うならば、The next … will be the last of the Heisei Period.と未来形を使えばいいでしょう。
「…」の部分を入れ替えれば、あらゆる言い回しに対応できますから、これで明日からの「平成最後の記念日」の英訳には困らないはずです!

次の元号はどう紹介する?

 現在はまだ次の新しい元号が発表されていませんが、次の元号を英語で紹介する時はどう言えばいいでしょうか。
 仮に「平成」になった時を例に「新しい元号は『平成』です」を英訳すると、どうなるでしょう? 私なら、次のように表現します。

The name of the new era is “Heisei.”  

 冒頭で「元号」をどう英訳するかについて触れましたが、長々と説明するより、まずはシンプルにThe name of the new era …(新しい時代の名前は…)と紹介した方がわかりやすいでしょう。
 そして年号の名称を伝えた後、具体的にIn Japan, we use …と冒頭の説明をつければ、全く日本の文化を知らない外国人でも納得するはずです。次の元号が発表されたら、“Heisei”の部分を差し替えて紹介してくださいね。

 来年の新天皇陛下の即位、そして再来年の東京オリンピックと、世界の目は日本に向けられます。日本文化の素晴らしさを、ぜひみなさんの言葉で世界にアピールしてください!

フォローする

コメントの入力は終了しました。