ソーシャルメディア・SNSの英語表現 No.1 – 投稿、いいね!、共有の名詞・動詞用法

  ソーシャルメディアでは日々新しい用語が増え続けています。覚えていくのは大変ですが、いい英語の勉強にもなります。英語とカタカナが合致している表現も多いですが、英文添削では名詞・動詞用法の混乱も多く見られます。当記事では、ソーシャルメディアで良く使われるさまざまな名詞・動詞用法をシリーズでご紹介していきます。

第一回は、投稿、いいね!、拡散に関する名詞・動詞用法です。

  まず、説明の前に重要なことをお伝えします。実は英語ネイティブスピーカーはSNSという略語をあまり使いません。このため、英文を記載するときにはネイティブスピーカーが主に使っているsocial mediaまたは social networking siteを使うのが適切です。

では、順に見ていきましょう。

投稿・投稿する

 「投稿」には、一般的にpostが使われます。postは名詞・動詞両方の用法があります。

(名詞用法) Post 投稿

I hope you like this post.
この投稿を気に入ってくれるとうれしいです。

(動詞用法) To post 投稿する

Sarah posts on Instagram every day.
Sarahはインスタグラムへ毎日投稿する。

※「写真の投稿」を示すときには、postの代わりにuploadが名詞、動詞として使われることもあります。

(動詞用法) To upload 投稿する・アップロードする

Did you upload yesterday’s photos to Facebook?
昨日の写真をFacebookへ投稿(アップロード)した?

いいね!・いいね!する

 Fecebookなどの、「いいね!」にはlikeが使われます。また、動詞likeで、「いいね!する」(いいね!ボタンを押す)という意味になります。

(名詞用法) Like いいね!

Photos of dogs always get lots of likes.
犬の写真にはいつも「いいね!」をたくさんもらう。

(動詞用法) To like いいね!する・いいね!を押す

Sarah always likes my posts.
Sarahはいつも私の写真に「いいね!」してくれる。

シェア・シェアする / 共有・共有する(共有/Shareボタンを押す)

 「共有」「Share」ボタンを押して、自分のページへ記事を表示させることです。

(名詞用法) Share シェア(共有)

Shares are a great way to reach an international audience.
シェア(共有)は海外の読者へ(記事を)広める優れた手段です。

(動詞用法) To share シェアする(共有する)

For every person who shares this post, we will donate 100 yen to a charity.
この投稿をシェアしてくれた全員分に対して、100円をチャリティー募金します。

Next →ソーシャルメディア・SNSの英語表現 No.2 – アクセス数、閲覧数、再生回数

フォローする

コメントの入力は終了しました。