SNSの検閲について英語で討論する – Pros and Cons of Social Media Censorship

 当記事では、SNSの検閲について意見を述べるときに使えるサンプルセンテンスをご紹介しています。当記事では日本に住む英語学習者が考えそうな内容を英語便メンバーより提示いただき、ネイティブ講師がサンプルセンテンスを書き下ろしています。

検閲の定義 – Definition of censorship

※ Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Censorship より部分引用

Censorship is the suppression of speech, public communication, or other information. This may be done on the basis that such material is considered objectionable, harmful, sensitive, or ‘inconvenient’. Censorship can be conducted by governments, private institutions, and other controlling bodies.

検閲とは、言論、公のコミュニケーション、または、その他の情報を抑え込むことです。これが行われるのは、それらの内容が、好ましくない、有害である、慎重に扱うべき、または「不都合」であると見なされる場合です。検閲は、政府、民間機関、およびその他の管理機関によって実施されます。

SNS(ソーシャルメディア)検閲のメリット – Pros of censorship of social media

Derogatory, insensitive and threatening posts can be deleted, and therefore censorship can protect people from exposure to violent and indecent.

中傷したり、配慮に欠けたり、また、脅迫するような投稿を削除できます。したがって、検閲は、暴力的、わいせつなコンテンツへの露出から人々を保護することができます。

Censorship of social media can aid parents in protecting their children from unsuitable content.

SNS(ソーシャルメディア)の検閲は、親が子供を不適切なコンテンツから守ることを助けます。

Censorship of social media can protect people from misinformation and fake news, which can be especially important in times of national crisis.

SNS(ソーシャルメディア)の検閲により、誤った情報やフェイクニュースから人々を保護することができます。特に、国家的な危機の際には重要であると言えます。

Censorship of social media can suppress harmful or misleading advertisements that promote harmful behavior or seek to scam people.

SNS(ソーシャルメディア)の検閲は、有害な行動を助長したり、人々を欺こうとしたりする有害または誤解を招く宣伝を抑え込むことができます。

Censorship of social media can reduce cybercrime, such as fraud and identity theft.

SNS(ソーシャルメディア)の検閲は、詐欺や個人情報の盗難などのサイバー犯罪を減らすことができます。

Censorship of social media can allow governments to enforce laws of the land, such as in Japan where it is illegal to report the identity of juvenile offenders, and in Germany where denying the Holocaust happened is illegal.

SNS(ソーシャルメディア)の検閲は、政府がそれぞれの国の法律を施行することを可能とします。例えば、日本では、少年犯罪者の身元を公開すること、ドイツではホロコーストを否定することが違法となります。

Censorship of social media can allow for the protection of copyright, for example, artists whose work is stolen and printed on clothes for profit.

SNS(ソーシャルメディア)の検閲により、著作権の保護を可能にすることができます。たとえば、アーティストが作品を盗まれ、作品の図柄を印刷した衣服が売られたような場合です。

Censorship of social media can protect minorities, especially from posts that could be considered “incitement to hatred”, which is defined as public speech that expresses hate or encourages violence towards a person or group based on something such as race, religion, sex, or sexual orientation.

SNS(ソーシャルメディア)の検閲は、特に「憎悪扇動」と見なされる可能性のある投稿からマイノリティを保護することができます。憎悪扇動は、人種、宗教、性別、性的指向などについて、公の場で、個人またはグループに対する憎悪を表現したり、暴力を助長したりする発言として定義されています。

Censorship of social media can lead to a more tolerant society, in that people will be less likely to be exposed to ideas that are intolerant of some people, such as Islamophobia or Anti-Semitism.

SNS(ソーシャル メディア)の検閲は、より寛容な社会への導きとなる可能性があります。イスラム恐怖症(イスラムフォビア)や、反ユダヤ主義といった、一部の人々に不寛容な考え方に、人々が接する機会を少なくします。

Censorship of social media can help prevent acts of terrorism, as extreme ideas can be censored.

SNS(ソーシャルメディア)の検閲は、極端な思想を検閲する事が出来るため、テロ行為の防止に役立ちます。

ソーシャルメディア検閲のデメリット – Cons of social media censorship

Censorship of social media can take responsibility away from individuals in that a central power is making decisions for them about what they can and cannot post. Additionally, once one type of responsibility is given from individuals to a central power, it is easier for this to happen again in different circumstances.

SNS(ソーシャル メディア)の検閲は、個人が何を投稿できるか、何を投稿できないかについて中央権力が決定を下すため、投稿の主体性を個人から取り上げてしまいます。さらに、一度、個人から中央権力に主体性が移されると、さまざまな状況でこれが経常的に起こります。

There are some countries where a certain amount of freedom of expression is enshrined in law, therefore censorship in those countries would violate those laws.

相応の表現の自由が法律で定められている国では、検閲は法律に違反する可能性があります。

Censorship of social media can be misused for political purposes or for the manipulation of information.

SNS(ソーシャルメディア)の検閲は、政治目的または情報操作に悪用される可能性があります。

Censorship can be used against people who wish to protest, for example taking down posts about demonstrations against the government.

検閲は、たとえば政府に対するデモ活動の投稿を削除するなど、抗議行動をしたい人々に対して使用される可能性があります。

When users of social media are monitored closely, that information could also be collected and used by governments or sold to other companies.

SNS(ソーシャルメディア)のユーザーが綿密にモニタリングされると、ユーザーの行動情報が収集され、政府によって使用されたり、他の企業に売却されたりする可能性もあります。

Censorship can be costly and, if enforced by the government, that cost could be shouldered by taxpayers.

検閲は費用が高額になる可能性があり、政府によって行われた場合、その費用は納税者にしわ寄せが来る可能性があります。

 以上、SNSの検閲について長所と短所を述べるサンプルをご紹介しました。参考にしてぜひ自分の言葉で意見を述べてみてください。

コメントの入力は終了しました。