Population Controlについて英語で討論する – 英文エッセイに使える例文集

英語便(https://www.eigobin.com/)講師 Brandon Pickhardt

 当記事では、Population control「人口増加のコントロール」について英語で討論するときのサンプルセンテンスをご紹介しています。今回のサンプルは、英語便スタンダードコースの英検1級練習問題として提供している以下の質問に回答するエッセイで使える英文を提供しています。

問題 :
Agree or disagree: Governments should be able to pass laws regarding population control.

賛成 または 反対 : 政府は人口増加のコントロールを可能とする法を通すべきである。

 ※ 内容は2021年5月時点の統計や各国の政策をもとに執筆しています。数値や法の名前は最新の情報に置き換えて使うようにしてください。


Agree – 人口増加のコントロールを合法化をすべき

Placing legal limits on family size is the most effective means of preventing unchecked population growth. Large populations put a huge strain on a region’s resources and environment. In order to protect future generations from environmental collapse, famine, and resource scarcity, governments should enact laws similar to China’s three-child policy.

家族の人数を法的に制限することは、歯止めが利かない人口増加を防ぐための最も有効な手段です。人口が多いとその地域の資源や環境に大きな負担がかかります。環境破壊や飢饉、資源不足から将来の世代を守るために、政府は中国の「子供は3人まで」のような法律を制定するべきです。

Although there is no evidence of connection between economic growth and population countries like Japan, Spain, and Russia are considered to be facing economic challenges caused by low birth rates and decreasing populations. Governments cannot force people to have children, but they can incentivize childbirth. Public daycares, mandatory paternity leave, and tax breaks for parents can ensure a sustainable population by making larger families more attractive.

実際経済成長と人口の関係性には証拠はありませんが、日本、スペイン、ロシアなどの国々は少子化と人口減少による経済問題に直面していると考えられています。政府は人々に子どもを産むことを強制することはできませんが、子どもも持つことを奨励することはできます。公立の保育園、父親の育児休暇取得の強制化、親への減税など、家族の人数を増やすことを魅力的にすることで持続可能な人口を確保することができます。

Direct interference with an individual’s right to reproduce is a serious moral issue. However, governments can encourage smaller families with financial aid programs. Free university tuition or other financial aid for only the first child would make single-child families ideal. Couples could still freely have more children if they are willing to raise them without extra government assistance.

個人の子どもを産む権利に直接干渉することは重大な倫理的問題です。しかしながら政府は経済的な支援プログラムによって少人数の家族を奨励することができます。大学の授業料の無償化や他の経済支援を第一子にのみ行えば一人っ子の家庭が理想的になります。政府の援助がなくても子どもを育てる意思があれば、夫婦は自由に子どもを増やすことができます。


Disagree – 人口増加のコントロールを合法化をすべきではない

Laws that regulate having children are a human rights violation. Like other living creatures, human beings have a biological drive to reproduce which makes procreation a fundamental right. Governments have no place interfering with an individual’s choice to have or not have children.

子供を持つことを規制する法律は人権侵害です。ほかの生物と同じように、人には子供を作ろうとする生物学的な衝動があるため、出産は基本的な権利です。子供を持つか持たないかという個人の選択に、政府が干渉する余地はありません。

Rather than regulating reproduction, governments can slow population growth indirectly by raising the status of women. Birth rates are lower in regions where women have greater access to education, equal employment opportunities, and active roles in their societies. Kerala, for example, has higher gender equality and the least population growth in India. When women have more autonomy, they often choose to have fewer children.

出産を規制するのではなく、政府は女性の地位を上げることによって間接的に人口増加のスピードを抑えることができます。女性が教育を受けやすく、雇用機会が均等で、社会の中で活動的な役割を果たしている地域のほうが、出生率が低くなっています。例えばインドのケララ州では男女平等が進んでいて、国内で最も人口の伸びが低くなっています。女性がより高い自主性を持つようになると、子供は少なく持とうと選択することが多くあります。

Countries which are struggling with overpopulation should look to diplomacy as a solution instead of taking away their citizens’ reproductive rights. These countries should seek out immigration agreements with places like Japan and Russia where labor shortages are an issue. Both governments could offer language courses, financial assistance, and cultural education to help immigrants.

人口過剰の問題に悩んでいる国は、市民の性や生殖に関する権利を取り上げるのではなく、解決策として外交を検討すべきです。このような国は日本やロシアのように労働力不足が問題となっている国との移民協定の締結を求めるべきです。移民を支援するために、双方の政府が共に語学講座、経済的援助、文化教育を提供することもできるでしょう。

The harmful effects of laws that limit childbirth outweigh any population control benefits. In Romania, the Ceausescu government sought to increase the population by banning abortions and divorce in the 1960s. However, this only increased child abandonment and raised the number of children in orphanages.

産児制限の法律がもたらす有害な影響は、人口抑制から得られるどんな利点をも上回ります。ルーマニアでは1960年代にチャウシェスク政権が中絶と離婚を禁止することによって人口を増加させようとしました。しかし、これは児童遺棄を増加させ、児童養護施設の入所者数を上昇させただけでした。

While governments should not infringe on an individual’s right to reproduce, they can and should combat overpopulation by improving access to birth control and family planning education. These measures slow population growth by reducing unplanned pregnancies and promoting smaller families.

政府は生殖という個人の権利を侵害すべきではなく、産児制限や家族計画へのアクセスを改善することによって人口過剰と闘うことができますし、そうすべきです。このような手段では、計画外の妊娠を減らし、子供の少ない家族を宣伝することによって、人口の増加を緩やかにします。

以上、Population controlについて意見を述べるサンプルをご紹介しました。参考にして自分の意見をまとめてみてください。

コメントの入力は終了しました。